×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

クローゼットで洋服をおしゃれに収納上手

クローゼット・タンス・押入



いつも使う洋服や下着。あなたはどこに収納していますか?クローゼットやタンス、押入れに収納している人がほとんどだと思います。いつも出し入れする服はクローゼットやタンスの引出しに収納するのが普通ですね!衣替えの季節には押入の奥から衣装ケースを持ち出してひっくり返したり、タンスの奥から引きずり出したりしていませんか?
また子供ができると子供用のクローゼットを買う必要ができたりします。洋服の収納には苦労しますね。

洋服の収納術でまずやってもらいたいのは衣装ケースを透明にすること。中身が見えるとどこの衣装ケースに入れたのか外から分かることがあり、ひっくり返す必要がなくなる場合があります。

次にクローゼットを購入する場合には、収納しやすさ、使いやすさを重視しすることです。クローゼットは使用頻度が高いので、扉は取っ手やつなぎ部分が壊れにくそうなものを選ぶのも重視する点です。

そしてクローゼットの購入時には部屋の広さを考えてバランスのよい大きさのものを選ぶのも忘れてはいけません。


                    

クローゼットの湿気対策


押入やクローゼットの中の湿気対策は重要です。湿気が多いと洋服がカビくさくなったり、壁部分にカビができてしまったりして大切な服が台無しになってしまいます。

まずは押入やクローゼットの下や壁部分にスノコを置いて、その間に細長く丸めた新聞紙を少し突っ込んでおきます。クローゼットにスノコかが入らなければ、のこぎりで切って入れましょう。スノコを入れることにより空気の通り道ができ、湿気が逃げやすくなります。

さらに、ときどきクローゼットなどの扉を開いて扇風機で風を送ったり、スノコの下からドライヤーや温風器で温風を入れてあげると湿気が逃げていきます。

もしも押入やクロ−ゼットの壁にカビができてしまったら、洋服を出して、アルコールをスプレーしてティッシュで拭き取りましょう。カビには胞子がありますので、2,3回行うといいですよ。

リフォームでウォークインクローゼットを作ろう

タンスやクローゼットは部屋に置くためどうしてもスペースをとってしまい部屋がせまくなってしまいます。そこでおすすめなのがウォークインクローゼットです。

ウォークインクローゼットは小さな部屋そのものが洋服を置くクローゼットになっているもので、最近はやっています。押入を改造して作ったり、階段下を利用して作るのもいい方法です。
天井裏にスペースがあればそこを利用してもいいですね。ついでに部屋の壁にもパネルドアクローゼットを取り付けて収納しやすくリフォームしてみてはいかがでしょう。

パネルドアクローゼットには日常よく使う服を収納し、ウォークインクローゼットには使用頻度の低い洋服も収納するようにすれば、衣替えごとに出し入れすることもありませんし、タンスやクローゼットを置くスペースの必要もなくなりますので広々と生活空間を快適に暮らせるようになるでしょう!


Copyright (C) クローゼットでらくらく収納術 All Rights Reserved.

リンク集1
健康維持